[PR 広告]

[PR] 男の子を希望するママに必須のサプリ!

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

12月の誕生石 ターコイズ

12月の誕生石 ターコイズの特徴

12月の誕生石ターコイズはトルコ石と呼ばれていますが、実はトルコで採れた宝石ではありません。イラン産の石が貿易にてトルコを経由し、トルコの商人によって地中海方面へ運ばれたため、トルコ石と呼ばれたそうです。フランス語でトルコの石という意味の”pierre turquoise”が語源と言われています。一般的には、明るい空色から「コマドリの卵色」と呼ばれる青のものが人気があります。

ターコイズ(トルコ石)の内部にライモナイトという鉱物が内包される事でできた蜘蛛の巣のような模様(スパイダーウェーブ、スパイダーネット)が入っているものもあり、石によって様々な表情を楽しめる誕生石です。


ターコイズの効果

12月の誕生石ターコイズ(トルコ石)は、旅のお守りとしてよく知られています。旅に出る友人、家族、恋人などにプレゼントすると、危険から身代わりとなり守ってくれる効果があります。

ターコイズは、持ち主に危機が迫るとその色を変えるとも言われています。人生の旅を明るく照らす誕生石でもあるので、先見性を養い、人生における悪いもの、危険からのお守りとしても活用されています。海や空の色をした12月の誕生石ターコイズ(トルコ石)は、持つ人を落ち着かせる効果もあります。ストレスを溜めてしまいがちな人にもよい誕生石と言えます。


ターコイズのお話

12月の誕生石ターコイズ(トルコ石)は、古代より多くの文明で愛された宝石です。
エジプトで使用されたターコイズ(トルコ石)で特に有名なのは、ツタンカーメンの墓から発見された仮面に使われていたものです。他にもアステカ、ペルシャ、メソポタミア、中国などで装飾品(アクセサリー)などの材料として使われてきました。

12月の誕生石ターコイズ(トルコ石)を、アステカでは仮面、ナイフ、彫刻品などにされ、ペルシャでは千年以上の間国家の宝石として加工されていました。
建物の外、中を装飾するためにも多く使われていたようです。


ターコイズのお手入れ方法

12月の誕生石ターコイズは硬度が低く、傷つきやすい宝石です。
アクセサリーやジュエリーの使用後は必ず汗やホコリを柔らかい布でやさしく拭くようにして下さい。水洗いはしない方が無難です。


コメントの投稿

コメント

 X 閉じる