[PR 広告]

11月の誕生石 シトリン


11月の誕生石 シトリンの特徴
11月の誕生石シトリンは、クオーツ(石英)の仲間で、黄色い水晶のことです。天然の色のものは少なく、アメシスト(紫水晶)を加熱してオレンジ色に変えたもの(焼きシトリン)がよく流通しています。水晶に鉄イオンが含まれることにより、黄色に変化した誕生石です。シトリンはその色合いが黄色いトパーズと似ていることから、シトリントパーズとも呼ばれて混同されていますが、実際はクォーツ(水晶)の仲間の誕生石です。柑橘類のシトロンの色に似ている事から、シトリンと名付けられました。


シトリンの効果

11月の誕生石シトリンの黄色い色は金貨のようであるため、金運・財運・富をもたらす宝石として大切にされてきました。シトリンは好奇心を強める働きもあるため、新しい事をはじめる手助けをしてくれます。

持ち主の潜在能力を引き出し、楽しみながら成功をおさめる事ができます。商売繁盛のお守りとしても良い誕生石です。また、創造力を高める効果もあり、直感的、創造的な仕事をしている人には特におすすめの誕生石です。


シトリンのお話

11月の誕生石シトリンは、古くから商売の繁盛と富をもたらす「幸運の石」として珍重されてきた宝石です。日本では黄水晶とも呼ばれています。モース硬度は7で、比較的硬い石です。古代には邪悪なものや、蛇の毒から守ってくれると考えられていた誕生石です。

11月の誕生石シトリンの中でも、ポルトガル領であるマディラ島で作られたワイン、「マディラワイン」のような深いオレンジ色のシトリンは、マディラシトリンと呼ばれ、大変人気があります。


シトリンのお手入れ方法

11月の誕生石シトリンは、汗、皮脂などがついても特に問題なく、お手入れしやすい宝石です。ぶつけたり落としたりしないように注意をして下さい。

コメントの投稿

コメント

 X 閉じる