[PR 広告]

9月の誕生石 サファイア

9月の誕生石 サファイアの特徴

9月の誕生石サファイアは、コランダムと呼ばれる鉱物です。六方晶系に属した六角柱状、または板状などの結晶で産出される誕生石です。ブルーサファイアの中で最高級品として位置づけられているのは、カシミール産コーンフラワーブルー(矢車菊の青)と呼ばれるものです。ベルベットの様な柔らかみがあり、「ベルベッティ」とも称されます。現在殆ど産出されておらず、非常に希少価値の高いものです。

9月の誕生石サファイアの中で青の他に人気のある色は、蓮の花のつぼみの色を意味するパパラチア”Padparadscha”と呼ばれるサファイアです。オレンジとピンクの混ざり合った様な色をしており、高値で取引のされる誕生石です。


サファイアの効果

9月の誕生石サファイアは、慈愛、誠実、徳望の象徴とされており、「堅固な愛の証」とされてきました。貞節な愛を表し、不貞を働くと光沢が失われるとも言われています。理性を高め、美しい青を見る事で鎮静される効果もあるそうです。感情的になった時、混乱した時に、サファイアを眺めると、落ち着きを取り戻すことができます。

チャンスや出会いを確実につかむことができ、知性を高めるため勉強などにも効果があります。古くは眼病に効くとされ、熱を冷まし、肉体と精神と魂を癒すためにも使われました。


サファイアのお話

9月の誕生石サファイアは、美しい青色により心の安らぎを得られる石として愛<されてきました。古代ローマの宝石職人は、疲れた目を癒すためにサファイアを見つめていたそうです。サファイアは、ローマ法皇、教皇や司教もよく身に着けているようです。

日本では婚約指輪と言えばほとんどがダイヤモンドですが、ヨーロッパでは、サファイアを選ぶ人も多いようです。ダイアナ妃がチャールズ皇太子から贈られた婚約指輪がブルーサファイアであったことも有名ですね。


サファイアのお手入れ方法

9月の誕生石サファイアは、薬品や熱にも強く、硬さも十分あるのでお手入れしやすい石です。良く泡立てた石けんを歯ブラシにつけて磨き、よくゆすいで水分を拭き取って下さい。

コメントの投稿

コメント

 X 閉じる